July 24, 2006

<自殺対策>原因・動機など詳細を公表へ 警察庁

<自殺対策>原因・動機など詳細を公表へ 警察庁

 自殺対策のために、警察庁がその原因や動機などの資料を公表することにしたんだそうですよ。
 自殺防止の対策として、どこまで効果があるかは分からないが、やはり集めたデータは有効に使わないとね。

 以前、データマイニング関連で聞いた話なのだが、お年寄りの死亡原因などにもマイニングは使われているらしい(警察で)。一人暮らしのお年寄りなんかだと、死亡原因不明とかにはしづらいからなんでしょうかね。

 ま、どちらにしても、原因がわかったとしても、どのようにフォローしていくかの方が問題なのだが。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 03, 2006

データマイニングセミナー

 本日は徳島でデータマイニングのセミナー講師を実施してきた。
 時間は2時間で、内容としては「ビジネスに活かすデータマイニング」ということで行った。

 2時間のセミナー時間は長いかなぁ…とも思ったのだが、実際はそんなことは無く、時間ピッタリで終わった。
 少しは、データマイニングの有用性なども分かってもらうことができたかなと思う。

 ただ、中小企業では、「どのように、自分たちでやってみるか」というとっかかりのところも聞きたいというニーズがあるみたいですね。
 考えてみれば、それも当然のことで、今まで、会社でやった仕事の中では、外部の業者などに丸投げか、自分たちである程度やってしまっているというような例が多かったので、興味はあるけど、まずは自分たちでどう進めていくかというアドバイスも欲しいのかもしれない。
 今度は、「実践!データマイニング」みたいなコンテンツを作っておこうかな。
(でも、実践ってなっちゃうと、結構、ツールの紹介みたいになっちゃうんですよね~)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2006

講演決まりました

3月の初めに、徳島で中小企業様向けにデータマイニングのセミナー講師をやることになりました。

何故、徳島で?と思うかもしれませんが、私も良くわかりません(笑)。

ホームページを見て、依頼をして頂いたのですが、こちらも独立したばかりで、まだまだ実績作りということもあり、格安(?)の値段でありがたくお引き受けすることにしました。

ラッキーばかりでは無いと思いますが、これから、頑張って実績を作って行きたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 18, 2005

Mind Image Spot Service

 先日、ちょっと知り合いになった人と会ってきて、“Mind Image Spot Service”というサービスについて話を聞いてきた。

 これは、簡単に言うと、掲示板や口コミサイト、メールなどのテキストから顧客の声を拾い出し、顧客の本音を引き出すというサービスだ。従来のテキストマイニングと異なり、いろいろな心理分析手法を参考に、分析を行うらしい。

 最終的には、レポートを図式化し、分析された各要素の繋がりをマッピングするということだった。

ホームページはこちら
http://homepage2.nifty.com/tonto17/RD/

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 17, 2005

メルマガ

 営業活動の一環で、メルマガを出すことにした(まあ、趣味でもあるのだが)。

 データマイニング関連のメルマガは、いくつか出ているが、ビジネスインテリジェンス、データマイニングを含めて、どのようにデータを経営に活かすかということをITコーディネータの観点から書いて行こうと思う。

 三日坊主にならないように気をつけよう(笑)。

 せっかくだから、ここからも登録できるようにしておこう。

『BIZine』(ID:0000176018) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム

まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2004

メリーさんは涼しいの巻

 あ~、風が強いなぁ。
 今日もメルマガから引用しておこう。


 メリーさんは涼しい、涼しい、涼しい。メリーさんは涼しい、涼しいな。

 こんにちは、りおぱぱです(^_^)。
 上の歌詞は、りおくんが、まだ小さい頃(今も小さいが)、メリーさんの羊を聞いて歌っていた歌だ。ちなみに、今は『メリーさんは羊』にまで進化した。霊長類に進化するのは、いつの日だろう(笑)?


 子供の耳って、まわりの言葉が色んな風に聞こえるんだなぁって思う。
 いつも、英語のビデオを見て、歌っているし。

 聞いている言葉は、言葉としてよりも、純粋に『音』、『リズム』として聞いているようだ。それは、それで良いと思う。今の時期(※注 このとき、りおくんは3歳です)、りおぱぱが身につけて欲しいのは、聞いた音を、短期的に頭の中に蓄えておく能力。


 知ってる?
 通訳の人が、まず、行う訓練は、聞いた言葉をそのまま鸚鵡返しする訓練だ。もちろん、外国語じゃなくて、母国語で。
 つまり、聞いた言葉を、一時的に自分の頭の中に蓄えておくのだ。
 同時通訳って言ったって、そのプロセス自体が変わるわけじゃない。単に処理が非常に速く進んでいるだけだ。
 日本の語学教育には、その観点が決定的に欠けている。いくら、小学校から英語教育を始めたって、期待するほどの効果を上げられるとは思えない…。

 これは、語学教育に限って、役に立つ能力ではない。例えば、社会に出て、上司の指示を受けた時だって、言われたことを頭の中に入れることが出来なければ、その後、どう動いたら良いのか、判断することだって出来
ない。


 この辺の能力を鍛えるための教材が、家庭保育園には、そろっていたのに、そのような使い方を明記してある記述を見たことが無いのは、りおぱぱだけだろうか…?

 ちょっと、当時の文章を編集してます。
 今の初等教育って、どうなってるんだろ?
 「ゆとり教育」が話題になってますけど・・・。ちなみにうちの子は、その真っ只中です。

 自分が小学校のときのことを振り返ってみると、知識は教えてもらった。
 けど、頭の使い方って、あまり教えてもらわなかったような気がする…。

 まあ、オイラの場合、いつの頃からか、学校で勉強を「教えてもらう」って感じじゃなくなってたんだけど(笑)。
 今でも、うちの子に対して、学校で先生に教えてもらえなんて思っていないし、学校は興味のあることを見つけるのに役立てば良いと思っている。
 様々なことを学ぶきっかけにさえなってくれればいい。その程度には、役に立つでしょう。学校のカリキュラムは。

 そういう意味で、今の「ゆとり教育」というのは、ちょっとなぁ…。って思っている。
 理解できない子が多いから、指導範囲を狭くするっていうのはいかがなものかな?
 手を入れるべきところは、学習指導内容ってより、評価方法の方だと思ったりするんですけどね。

 あとは、上に書いたような、頭の使い方。
 これは、学習内容の調整よりも、ずっと大変なことだと思うけれども、今後、絶対どこかでやらなければならないことだと思っている。
 多分、指導する先生の側も、優秀な先生が必要になってくるんだろうなぁ…。

 子供相手ではありませんが、オイラはクライアント相手に知識の伝授ではなく、どのようにクライアント自身のポテンシャルを引き出していくべきかをしっかり指導できるでしょうか(笑)?
 でも、オイラが専門のひとつにしているマイニングなんて、きちんとスキル・トランスファーしていかないと、いつまでたっても使えないんですよね(^_^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2004

Fedora

 やっとFedora Coreのインストールをした。

 今まで、何度かVMWareにRedhatをインストールしたことがあったので、なーんにも考えずにインストールを始めたのだが、何度やっても、インストール途中でエラーが出る。
 仕方が無いので、Web上に情報は無いかと、探してみると、あっさり見つかった。

 何と、VMWareにFedoraをインストールするときには、物理CDを使っちゃダメなのねん。

 結局、インストールを始めてから終わるまで、4時間以上かかってしまった。

 疲れた。寝よう・・・。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2004

オープンソースとマイニング

 オイラの場合、ITコーディネータとしての専門分野として、BI(ビジネスインテリジェンス)、マイニング、セキュリティってのを上げている。

 特に、BI、マイニング関連、つまり、データ分析系の仕事に携わることが多いのだが、会社で取り扱っている、これらの製品って、はっきり言って「高い」のだ。
 中小企業なんかだと、とても買えたものではないような値段を平気で付けて売っている。

 効果を考えると高いか安いかっていうのは、お客様によるのだが、初期投資だけでもン千万円するような製品だと、そうおいそれとは買えるものではないだろう。
 では、ホントにそれだけの額を出さなければ、データ分析って出来ないのかっていうと、そうでも無い。

 そこで、気が向いたときになると思うのだが、オープンソースを使ったデータ分析、マイニングについて、色々と試してみて、気づいたことなどを書き込んでみることにする。

 せっかくなので、OS自体もWindowsではなく、Linuxなどのオープンソースを使用して実行してみようと思ったのだが、独立したマシン環境を構築するのが面倒なので、取り敢えずは、今使っているWindowsXPにVMWareを導入して試してみようと思っている。

 今、手元にあるVMWareのバージョンが4.0.0なので、それに対してLinux(Fedora Core 1)をインストールして、色々なアプリを試してみようと思う。

 でも、今日は、酔っ払っていて、おまけに明日の朝は、早くからお客様先に行かなければならないので、Linuxのインストールは明日以降にしよう・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)